ダイエーは改装中でも港南台院は営業しております!!

みなさま、どうも!!おはこんばんにちは!!

 

K・Aから、皆様に発信致します!

 

実は先月末から、ダイエーは改装工事が始まりました!!

店内も大きく変わるようで、物々しく工事が始まっておりますが…

 

港南台院は…

 

改装に関係なく開院して

      おります!

 

営業時間も変更なく

 朝の9時~20時最終受付で

 

勇気リンリン!!

 元気モリモリ!!

 

に、皆さまの事をお待ちしております!

天気が安定しない時期です!体調が著しく変化しやすい時期ですので

・ 身体の違和感や張り感がある

・ なんとなく、痛みがある気がする・・・

なんて時は、遠慮なくご相談下さい♪

 

ではでは、またさくら鍼灸整骨院 港南台院でお会いできることを楽しみにしています♪

 

以上、K・Aでした(・´з`・)

 

instagram始めました☆

@sakura_kounandai

よろしければフォローお願いします♪♪

Continue Reading

お肌の大敵…

こんにちは!

岡本です( `ー´)ノ

最近、一気に暑くなり、日差しも強くなってきましたね…

今日は、お肌の大敵…紫外線について書いていこうと思います!

皆さん、日差しが強い日にお出かけしていて普段より疲れやすいなーと感じたことはありませんか?(>_<)

実は…紫外線を浴びることで疲労が溜まってしまうのです!!!!

理由としては

肌を守ってくれているランゲルハンス細胞が弱ってしまい免疫力が下がる

活性酸素が増えすぎて、正常な細胞まで攻撃してしまうことで疲労物質が身体にたまって疲れがたまってしまう

の2つです。

紫外線が強い時間帯は正午辺り、時期は6~8月が最も強くなります。

予防としては、日焼け止めが一般的ですが、それでも焼けてしまう時ってありますよね??

ケアとしては、しっかり冷やす事肌の保湿です☆

日焼けは肌がやけどして炎症している状態なので、まずは冷やして炎症を抑えます

日焼け後は、乾燥し水分が不足している状態なので化粧水や軟膏などを使ってしっかり保湿します。

ここで、肌トラブルに効くツボを1つ紹介します☆

中脘→みぞおちと臍を結んだ中間点

このツボは肌トラブルの他にも夏バテ、ストレス太りなどにも効果的です

お身体は日頃のメンテナンスがとっても重要です♪

しっかりケアしてこの夏を乗り切りましょー!!!!

 

 

instagram始めました☆

@sakura_kounandai

よろしければフォローお願いします♪♪

Continue Reading

食欲減少!元気減退…夏バテとは?!

みなさま!どうも!!

おはこんばんにちは♪今日はK・Aが書かせて頂きます!!

さてさて…いよいよ、梅雨も明けて夏本番!!

私自身、正直冬よりも夏の方が好きなのですが…

 

夏バテ

みなさま、ご経験ありません?アレ…本当に辛いんですよ(>_<)

では、何故夏バテになってしまうのか?!原因と対策をご紹介致します!

 

高温多湿の夏に体が対応できなくなり、なんとなく体がだるかったり、食欲不振になるなどの夏に起こる

体の不調が夏バテです。夏負けや暑気あたりとも呼ばれます。

◆ 日常生活から考えられる原因

1   室内外の温度差による自律神経の乱れ

猛暑の屋外から、エアコンで冷えた室内に戻るときなどの急激な温度差は体力を消耗し、夏バテの原因になります。さらに冷房の効きすぎた部屋にいると、そのストレスから自律神経がうまく働かなくなります。 加えて、自律神経の変調が胃腸の不調や全身の倦怠感、さらには食欲不振を招き、夏バテを引き起こし  ます。

2  高温多湿の環境による発汗の異常

高温多湿の環境が続くと、汗の出口周辺が詰まり、発汗が困難になることがあります。それによって、体温調節がうまくいかなくなります。また、長時間直射日光の下にいると発汗が過剰になり、体の水分が不足気味になり、夏バテを引き起こします。

3 熱帯夜による睡眠不足

エアコンの室外機や都市部の住宅密集化などが原因で、夜間も温度が下がりにくい現代では、熱帯夜によって寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなって睡眠不足に陥ることがあります。睡眠によって日中の疲労を 回復することができず、疲れが溜まってしまい夏バテを引き起こします。

◆ 夏バテの症状

1 全身のだるさと疲労感

夏バテの代表的な症状は、全身のだるさと疲労感です。なんとなく体がだるく、疲れが取れにくい日が続きます。また、暑さによって睡眠不足になることも少なくありません。それによって、さらにだるさや疲労感が増すという悪循環に陥ることもあります。

2 食欲不振

自律神経の不調によって消化器の機能も低下し、食欲不振に陥り、体に必要なエネルギーやビタミンの不足を招くことがあります。それによって、だるさや疲労感が増したり、無気力が増幅します。

◆ 夏バテが引き起こす疾患

1 夏風邪

夏バテによる免疫力の低下によって、夏風邪にかかることがあります。特徴は、冬の風邪と違ってせきやたんはあまり出ないことが多く、のどの強い痛みと下痢を引き起こしやすいことです。それに加え、微熱が2~4日間続き全身がだるく倦怠感があります。汗をかきやすいので脱水症状への注意が必要です。

2 夏バテの影に隠れていた疾患があらわれる

夏バテで体力を消耗すると、食欲不振や不眠、疲れなどの影に隠れていた疾患が進行して、悪化する危険があります。夏バテが長引くようなときは、細心の注意が必要になります。

 

◆ 日常生活でできる予防法

1 栄養価の高い食品を食べる

食欲が減退しがちな夏は、量より質に重点を置いた食事をとりましょう。とくに疲労回復に効果的な玄米、豚肉、ウナギ、豆類、ねぎ、山芋などの良質なたんぱく質、高エネルギー、高ビタミンの食材をしっかりとり入れましょう。

2 室内での過ごし方を工夫する

室内外の温度差が5℃以上になると、自律神経が乱れやすくなります。エアコンは温度をこまめに調節しましょう。自分でエアコンの温度調節ができないところでは、エアコンの風が直接当たらないように風向きなどを調節し、上着を羽織ったり、長いパンツをはくなど工夫をして体温の調節をしましょう。

3 ぐっすり眠ってその日の疲れを取る

疲れを溜めないことが夏バテの一番の予防法です。なるべく早めの就寝時間を守ってぐっすりと眠り、その日の疲れをその日のうちに取り除きましょう。寝る30分~1時間前にぬるめのお風呂につかり、暑くて寝苦しいときは頭部を氷枕で冷やすと、早めに寝付くことができるうえ、より一層深い眠りが得られます。

◆ 対処法

1 食事の工夫やツボの刺激で疲労を回復する

食欲がないときは、食欲増進、疲労回復効果のある辛いものや酸味のあるものなど、趣向を変えて食べてみましょう。またお風呂に入ったときに、足の裏の人差し指と中指の骨の間で、少し窪んだところにある湧泉(ゆうせん)というツボを押すと、自律神経の働きが高まり、疲れも早く取り除くことができます。

2 市販の薬を使う

食事だけでは必要な栄養素がとれなかったり、疲労感が続くというときには、市販の薬を服用してみるのも一つの手段です。疲れやだるさに効果があるビタミンB1、B6、B12が配合されたビタミン剤や栄養を補給するドリンク剤を活用してみましょう。

 

 

…さて、いかがでしたか?

暑さも本番!夏に負けず、ダルさにも負けず!!

この夏を乗り切って、毎日元気に過ごしましょう!!

Continue Reading

梅雨の時期の熱中症!?

 

こんにちは(*^^)v

 

6月に入って梅雨入りしましたね。

 

暑い日は本当に暑い☀!!!

でも、雨が降ってくると寒い❄!!!

なんていう繰り返しのこの頃ですが

 

『なーんか体調がスッキリしない・・・』と思っている人で

『なんとなく暑い気がするけど喉は渇いていなし大丈夫かな・・・』と

安心している人も多いのではないでしょうか?

 

これが『熱中症』の原因になってしまう恐れがあります。

 

 

雨が降っていると湿度が上がりますよね?

湿度が高いと汗をかきにくい状態になります。

そのまま汗をかかずに過ごしていると

体内の熱を冷やす事が出来ずに

体温が上昇し続ける可能性があります。

 

 

 

では、湿度が高いとなぜ汗をかきにくいのでしょうか?

実は湿度が高いと汗をかきたくても

身体の中の湿度と空気の湿度が割合が一定になってしまうので

体内の水分を押し出すことが出来ずに

汗をかくことが出来ない…となってしまうのです。

 

なので、汗を意図的に出したい時は

排出するための水分を取らないといけないのです。

 

また、水分を取ろうと

ミネラルウォーターだけを取っているだけでは

ミネラルが圧倒的に足りなくなってしまいます

 

汗をかくと水分と一緒にミネラルも失われるため

水分だけではなくミネラルも一緒に補給をしましょう。

 

ミネラルを補給するのにおすすめなのは

*麦茶

*梅干し

*岩塩

麦茶は汗で失われたミネラルを取るのに効果的です

梅干しや岩塩ではミネラルウォーターには含まれていない成分の

鉄分、ナトリウム、カルシウムなど必要不可欠なものが多いです。

 

この梅雨とこれからの夏を

水分をミネラルの補給で

元気に乗り切りましょう!(・´з`・)♡!

 

 

 

 

 

Continue Reading

歓迎会!!

皆さんこんにちは! 🙂 

 

最近暑くなってきましたね!

しっかり水分を取って熱中症には気を付けましょう。

 

 

さて本題に入ります 😎 

今月から新しい先生が2人入る事になりまして

4月15日に歓迎会を開きました。

この日は第3日曜日で院が定休日だったので、

久しぶりに港南台の先生全員でご飯に行くことができました。

 

院内では毎日顔を合わせますが、

外で会うというのがあまりないので新鮮で楽しかったです。

 

ちなみに新しい先生は女性男性で、

凄くやる気があって素直な先生達でした。

これから港南台にフレッシュな力で

新しい風を吹かせてくれる事を期待しています 😉 

 

 

次回のブログは2人の先生に自己紹介をしてもらいますので

皆さん楽しみにしていてください♪

 

 

 

Continue Reading

宮城へ行ってきました!

 

こんにちは !

 

土曜日に早めに閉院させていただいて

研修の為に仙台へ行ってきました(*^^)v

 

夜に蔵王のホテルに泊まったのですが蔵王の夜は

・・・とても寒い

マイナス3度でした(>_<)

私は岩手県の八幡平市出身なので

寒さにはなれているはずなのに

横浜の気温に慣れてきたのか凄く寒かったです!!

 

↑こけしになりきる安西先生と今津先生

 

翌日には分院の”あい鍼灸整骨院”に行ってきました!

 

そこには去年の八月まで同じ院の仲間として働いていた

佐藤啓先生がいるのですが変わらず元気でしたよ(*’▽’)☆

 

どんな流れで治療をしているのか聞いたり

実際に治療をしてもらったり

色んな刺激を受けてきました!!!

港南台の院をより良い環境にする為に

参考になる事がとても多く

有意義な時間になりました。

↑実際に治療を受ける岡本先生

 

そして、残りの時間を使い宮城県を堪能してきました!

 

松島へ行って

伊達政宗歴史館へ行ってきたり

 

遊覧船には乗れなかったのですが(ちょっと残念…)

松島を少し歩いたりして・・・

 

市内へ移動して牛タンを頂いてきました!

牛タンの厚さに感動。。。( ゚Д゚)💛

もりもりと食べてきました!!!ご飯は皆で大盛りです(笑)

↑この日私が一番食べた自信があります(笑)

 

 

短い時間での研修と観光でしたが

このメンバーでというのが貴重楽しい時間になりました!

 

また気持ちを入れ替えて

みんなで港南台を盛り上げていきますので

よろしくお願いしますm(__)m

Continue Reading

インナーマッスルについてお話しします。

今回は田中が担当します 🙂 

皆さんインナーマッスルはご存知ですか?

インナーとは「内部」「奥の」という意味で上着の下に着るものをインナーといいますよね?

それと同じで内側の筋肉の総称と考えて頂ければと思います。

 

ではアウターマッスルとインナーマッスルの違いは何でしょうか?

今の所はっきりとした違いはありませんアウターマッスルは

胸板(大胸筋)力コブ(上腕二頭筋)など一般的な筋肉トレーニング

はこのアウターマッスルを鍛えています。アウターマッスルは大きな

力を発揮できるので運動を行うときに動作のメインパワーを担っています。

 

一方インナーマッスルは肩や首など小さい動作や

アウターマッスルの補助、それと最も重要なのは

姿勢保持筋と言われるほど姿勢と深く関係しています。

インナーマッスルで特に重要なのは、腸腰筋という

筋肉です。この筋肉は上半身と下半身を繋げる唯一

の筋肉で腰から足の付け根までついている筋肉

になります。もしこの筋肉が弱ってしまうと正しい

姿勢が保たれなくて猫背姿勢や反り腰になってしまい

腰痛や頚肩のコリに繋がってしまいます。

また姿勢が猫背になるこで、呼吸がしにくかったり

苦しい感じも出てしまう方もいますし、

足が上がりにくくなり転倒してしまう方もいます。

 

ここでインナーマッスルを鍛える事で得られる嬉しい3つの効果をお伝えします。

 

①身体機能の向上

インナーマッスルは腹筋や大胸筋、腰回りの筋肉など

大きな筋肉のサポートをしてくれるため、他の筋肉の

パフォーマンスを上げ身体機能を向上させてくれます。

プロのアスリートが日頃から取り組むのもこれが主な

理由の一つと言えるでしょう。

 

②基礎代謝が上がる

インナーマッスルを鍛えると内側の筋肉が安定して重力で徐々

に下がる内臓を元の位置に戻してくれます。内臓の位置を元に

戻す事によって内臓本来のパフォーマンスを十分に発揮する事

ができ、基礎代謝が自然に上がります。基礎代謝が上がる事に

よって、痩せやすい身体にもなります。

 

③関節の位置が整ってバランスの良い身体に仕上がる

筋トレを行う上でバランス感覚は非常に重要です。もし身体の軸

を安定させないままトレーニング行うとケガや故障に繋がります。

そんな身体のバランスを支配している筋肉こそインナーマッスル

になります。

 

ではどういったトレーニングをしていけばいいのか説明していきます。

まずインナーマッスルの特徴としてあまり負荷をかけず

に行っていきます。筋トレといったら負荷をかけてする

イメージがあると思いますがそれはあくまでもアウターマッスル

を鍛えるトレーニングですのでインナーマッスルは時間をかけて

ゆっくり刺激していきます。高負荷ではないため、回数を多く

することを意識してください。

 

まず腹横筋のトレーニングをお伝えします。

ドローイングというトレーニングでいつでも簡単にトレーニングする事ができます。

①まず初めに仰向けになり、膝は90度で背筋は伸ばします。

②お腹に空気を溜めこむイメージで大きく息を吸います。

③限界まで息を吸ったら息を止めお尻に力をいれます。

④膨らんだお腹を凹ませるように思い切り息を吐きます。

⑤空気を完全に吐き出したら、凹ませた状態で30秒キープします。

⑥これを繰り返し行います。

 

 

ポイントとして、②にの時は背中を丸めないようにすぐを

                                  意識し肩を上げないように注意します。

        ④の時はおへその中心を背中につける

                                  勢いで凹ませます。

        ⑤の時はお腹を凹ませた状態で呼吸する

                                  ようにしましょう。

 

 

やってみると意外と簡単に思うとおもいます,

なので暇な時間があればするように心がけ

て下さい。ちなみに立ってでもできるので、

横断歩道で待っている間や料理している時で

も簡単にできます。

 

次に腸腰筋のトレーニングです。

腸腰筋のトレーニングは椅子に座った状態で簡単にできます。

①背筋を伸ばした状態で椅子に座ります。

②片方の脚を上げます。

③上げた脚に両手で重さを加えます。

④この状態で10秒キープします。

⑤これを3セットします。

ポイントは①背筋を丸めないように良い

                         姿勢で行います。

     どの筋トレやストレッチでもそう

                     ですが息を止めないように、

     痛くない程度でするようにしましょう。

 

今紹介したトレーニングは簡単にできますので是非お家の方でお試しください  🙂  

Continue Reading

鼻がムズムズ…目がかゆい?!鍼灸で花粉治療

みなさま、どうも…

おはこんばんにちは!!

 

本日はK・Aがお送り致します♪

さてさて…私もこれからの時期に、大変悩まされる

 

花粉!!!

 

ですよ…今でも自宅から出たりするだけで鼻がムズムズしたり、目がかゆかったり

色々と厄介な症状でお悩みの方、いらっしゃいませんか?

 

実はそれ…軽減すること

 

出来ます…(・´з`・)

 

しかも、鍼灸で軽減する事が出来るんですよ!

さてさて、そのメカニズムとは…

 

花粉症対策として、鍼灸で出来ること…

それは、免疫力を高めることで花粉症を軽減、または克服できると考えられています!
免疫力を高めるには、腸内環境を整えることがオススメです。

 

最近ではヨーグルトなんかも、話題に上がるようになりましたもんねぇ…

 

腸は体内で一番免疫細胞が多く存在するので、腸を整えることで、アレルギー反応にも打ち勝つ力になります!

体温が1度上がる免疫力は5倍にアップする!と言われています!!!
身体を冷やさないように気をつけることも、免疫力を高めるのに重要なんです!!

 

花粉症対策への鍼灸のアプローチ

腸内を整えるには、寝不足、バランスの悪い食事、身体を冷やすなどNGです!!
ただ、完全に生活習慣を改善することは、なかなか難しいので、生活習慣の改善をしながら、鍼灸治療を加えるのが有効的♪

乱れた身体のバランスや自律神経を、鍼灸でお身体全体の施術をしていくことで、誰でも善玉菌を増やし腸内環境を整えることができるのです。

セルフケアとして、ツボを指で刺激してみてください!

  • 手の甲、親指と人差し指の間「合谷(ごうこく)」
    頭痛、肩こりなどにも効く万能ツボです。
  • おへそ横の「天枢(てんすう)」
    お腹が下ってたり、便秘などの腸の不調、冷えを温めるなどに効果的!
  • 下腹部の「大巨(だいこ)」
    便秘に効果的なツボです。その他、胃腸の不調にも効果があるので、胃腸不良から起こる肌荒れにも効果があります。       

 

当院の治療法として…

鼻水鼻詰まりに、頭、顔、首へ鍼とお灸!

顔と首のツボを中心に刺激することで、鼻の通り・鼻づまりを改善します。

頭痛や頭重感には首へ鍼を、頭の疲れをリフレッシュさせるのに、首のに鍼灸・手技をで整えます。

 

鍼が怖い!痛いんじゃないの?!なんて、不安がある方も是非ご相談下さい!

当院には刺さない鍼もありますし、お灸だけでも効果は出るので遠慮なくご相談を!

 

さて、今年こそは花粉に負けない身体作り目指しましょう!

 

以上、K・Aでした!!

Continue Reading

骨盤・内臓を支えるとっても大切な筋肉とは??

こんにちは!!

今回は幡本が担当します!!

ここ数日はが降ったりと寒い日が

続いていますね~

私は久しぶりに雪かきをしたのですが

地元の北海道を思い出しましたね 🙂

では、題名にもあった通り

骨盤・内臓を支えるとっても大切な筋肉とは??

という話をさせて頂きたいと思います。

その筋肉の名は

骨盤底筋

と言います!!

皆さん聞いたことありますか??

骨盤底筋とは

子宮や膀胱などの内臓を支える、骨盤の底にあるハンモック状の筋肉です!

骨盤底筋の機能は

姿勢の安定化

呼吸と連動

排尿・排便に関係

生殖・出産に関係

など等

この筋肉が弱くなる原因は・・・

出産

加齢

長時間座っていることが多い

この筋肉が弱ってくると代表的な症状は・・・

・尿漏れ

・頻尿

・骨盤の歪み

・姿勢の崩れ

・お腹のたるみ

・運動パフォーマンス低下

等のトラブルになりやすいです

当院では

楽トレ

という機械を使って

ンナーマッスルにアプローチをして

骨盤の歪み

姿勢の崩れ

頻尿・尿漏れ

お腹のたるみ

など等…

お悩みに対して根本的に手助けしていきます。

こういったお悩みをかかえて困っている方は

是非一度体験してみて下さいね!!

Continue Reading

インフルエンザが流行中!!!

みなさん、こんにちは(*’▽’)

今回は、佐藤が書かせて頂きます。

 

受験シーズン真っ只中ですが

受験生はもちろん受験生のいるご家族なども

体調を崩しちゃうととぉぉぉっても困る時期だと思います。

 

 

ここ最近はとにかく寒い日が続いていますね

更に乾燥が酷く喉がカラカラに渇くことが多いなあ~と

感じる毎日です。

 

そうするとインフルエンザなどの体調不良を引き起こす

原因になったりするので要注意です!!!

 

 

インフルエンサの予防注射をしているから大丈夫!と

安心している方も中にはいると思いますが油断禁物です!!!

 

予防注射が完全に予防するわけではなくて

抵抗力をあげることにより

もしかかった場合に比較的軽い症状で回復出来るという事が

予防注射を受ける事の最大の利点です。

 

 

じゃあ、予防はどうすればいいの?

 

と思いますよね。

 

インフルエンザの感染経路を考えてみると

飛沫感染と接触感染があります。

 

飛沫感染とは・・・

くしゃみや咳などをした時にウイルスが空気中に飛び散ります。

そのウイルスを周りの人が吸い込む事で、他の人の体内に入り感染してしまいます。

 

飛沫感染を防ぐためには・・・

1.マスクの着用

インフルエンザの感染経路となる鼻や口を防ぐことで感染の予防になります。。

マスクは清潔なものを使い鼻までしっかり覆いましょう!

マスクはウイルスの侵入を防ぐだけでなく喉の保湿効果も期待できます。

 

2.空気を乾燥させない

インフルエンザウイルスは空気が乾燥していると増殖します。

加湿器や濡れタオルなどで室内を乾燥させないように注意しましょう。

また、喉の乾燥もウイルスが繁殖しやすい環境のなります。

マスクの着用だけでなく、実は乾燥している喉を潤すために水分補給や飴を舐めるなどして喉の乾燥も防ぎましょう。

 

 

接触感染とは・・・

インフルエンザに感染した人が口を手で抑えると、手にウイルスが付着します。

その手を洗わずに多くの人が触る場所に触れるとウイルスが残ります。

そして後から同じところを触った他の人が、自分の鼻や口に触れ感染するものです。

 

接触感染を防ぐためには・・・

1.手洗いをする

指の爪の中にもウイルスが付着している可能性があるため、爪もしっかり切っておきましょう。

また指の間や手首、手の甲まで意識して石鹸やハンドソープで洗うようにしましょう。

洗い終わったら清潔なタオルかペーパータオルで拭き取りましょう。

 

2.うがいをする

マスクをして気を付けていてもインフルエンザウイルスが侵入している可能性はあります。

帰宅後や食事前はうがいを徹底しましょう。

 

 

また、これらをしっかりしていても免疫力が落ちていると感染しやすくなってしまうので体調管理も一緒にしましょう!

1.睡眠を十分にとりましょう

2.規則的な生活を心がけましょう

3.栄養バランスのとれた食事をしましょう

4.疲れを溜めないようにしましょう

 

 

これらを心がけて今年の冬を元気に過ごしましょう(´ω`*)

 

Continue Reading